看護師の求人は業務内容がことなってくる【Q人お助け隊】

人を笑顔にすることが出来る看護師になる

リハビリを支える

理学療法士はリハビリ療法のエキスパート

ケガや病気、高齢などによって運動機能に支障が生じた人に対し機能訓練を行うことをリハビリテーションといいます。リハビリテーションには医学や運動生理学などに基づいた専門的な技能が必要であり、これに携わるための国家資格が定められています。その1つに、理学療法士があります。理学療法士は、医師の指示の下に理学療法を行う専門職です。理学療法は、座る・立つ・歩くなどの基本動作に関する訓練を通じて、損なわれた身体機能の回復を目指します。また、義手・義足・車椅子などの装具を身につけて生活するための基礎訓練も行います。理学療法士の資格取得者は、医療関連・福祉関連のさまざまな職場で活躍できます。最近ではスポーツジムなどから求人が来ることもあります。

近年は介護関連の求人が拡大

理学療法士になるには、大学・短大・専門学校などの認定施設で3年以上の養成課程に学び、国家試験に合格する必要があります。なお、外国で理学療法士に相当する資格を取得した人に対しては、履修すべき単位が免除される制度があります。理学療法士の求人先は、病院やクリニックなどの医療機関が中心となります。整形外科医等と連携して、患者のリハビリテーションを担当します。また、保健所・障がい者福祉施設・老人福祉施設などからも求人があります。特に現在は高齢化の進展に伴う介護関連施設の新設が増加しているため、これに関連した求人が多く見受けられます。理学療法士の資格者数は養成施設の増加もあって2000年代に入ってから急増しています。そのため求人倍率も上昇する傾向にあります。

Copyright (c) 2015 看護師の求人は業務内容がことなってくる【Q人お助け隊】 all reserved.