看護師の求人は業務内容がことなってくる【Q人お助け隊】

人を笑顔にすることが出来る看護師になる

求人数が多い

歯科衛生士の現在のお給料は

コンビニエンスストアの数より歯科医師の数が多いのではと言われている昨今、歯科衛生士の求人も増加しています。 歯科衛生士になるには、2年間教育機関で勉強する必要があります。その上で国家試験を受け、合格した者だけが、晴れて歯科衛生士となります。国家資格ですから、一度試験に合格すれば、一生使えるものとなります。さて、お給料ですが大体23万円前後が平均相場となっています。もちろん、地域差があり地方では18万円から都市部だと25万円程度のところが多く、あくまでも23万円は平均となります。歯科医院の営業時間が伸びていることもあり、働く時間は年々増えつつ有ります。よって、クリニックによって勤務時間は異なります。

現在様々な選択肢がある

歴史的に見ると、歯科衛生士は安定した職であり、求人も一定数ありました。もちろん、今でも求人は増えています。しかし、現在歯科衛生士の数が増えていることから、相対的に見ると少しずつ狭き門となっているのが現状です。 また求人票には原則書いてはならない決まりになっていますが、どの医療機関でも20代や30代の若い歯科衛生士を好む傾向があります。よって、いくら経験が豊富であっても看護師と違い、年齢によって職場の選択肢が狭まっていくのが現状です。 医療機関だけでなく、予防歯科を行っている自治体でも働くことができ、また一般企業でも歯科衛生士の求人を見ることができます。長く勤めることを前提とするなら、こう言った求人に応募するのも方法です。

Copyright (c) 2015 看護師の求人は業務内容がことなってくる【Q人お助け隊】 all reserved.